海外五輪選手・関係者向けプレーブックに疑問 このワクチン方針で「安全安心」とは… 

東京五輪を「安全安心に開催する」と主催者たち。このプレーブックで大丈夫なのか…?

2021/05/22 14:25

オリンピック・五輪

国際オリンピック委員会(IOC)は、この夏の来日を予定している海外五輪選手団や関係者のワクチン接種率について、7割の見通しであり、開催時には8割超を期待しているという。

だが、実際にどれほど「働きかけ」が行われているのだろうか。安全安心の鍵を握るといわれる「プレーブック(規定集)」を、改めて紐解いてみたところ…。



 

■「莫大な時間と労力を注いだ」

IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)、東京2020オリンピック・パラリンピック組織委員会が、4月28日に公式ホームページなどで公開した、東京五輪・パラリンピックの海外参加者向けプレーブック第2版となる『Tokyo 2020 Playbooks/May 2021 version2』。

日本の新型コロナワクチン政策が遅れているせいもあり、IOCがやや恩着せがましく「完成までに莫大な時間と労力を注がなければならなかった」と強調したことも印象的だ。


関連記事:「東京五輪は絶対やる」IOCの強気発言 相次ぐ危険視記事を牽制か

 

■45頁もの大ボリューム

公開されたプレーブック第2版は7種類。来日する選手およびチームスタッフ向けのものは60ページにも及び、関係者向けは、放送、報道、国際スポーツ連盟、PR、スポンサー、家族などカテゴリー別に作成され、いずれも45ページ前後ある。

共通してマスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス、換気など来日中の行動に関する諸注意が延々と示され、頻繁な検査や行動範囲の制限がつきまとうことへの協力と理解を訴えるものになっている。だが、膨大な文章量は読み手をウンザリさせるに違いない。

次ページ
■ワクチン接種は「奨励」
オリンピック東京五輪IOCワクチン関係者新型コロナウイルス翻訳記事優先接種プレーブック規定集
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング