難病で抜け毛に悩む少女に学校は「帽子着用不許可」 同級生らが猛抗議する騒動に

友人たちは抗議のなかで、「こんな状況でも校則厳守って、先生たちは頭が固すぎる」と叫んだ。

話題

2021/05/23 06:00

抜け毛・女性
(Kwangmoozaa/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

1万人に数名の確率という難病が発覚した、イギリス・ダービーシャー州の女子中学生。彼女は現在、ひどい抜け毛の症状に苦しんでいる。だが教師たちは校則を理由に、彼女の帽子着用を認めようとしなかった。

これに対し、校内で猛烈な抗議活動が起きたことを『National World』『Mirror』など海外メディアが報じている。



 

■「頭部を隠したい」と相談

ダービーシャー州クラウンにあるヘリテージ・ハイスクールの中等部に通う、エラ・グッドウィンさん(13)。

彼女は2年半ほど前、慢性再発性多発性骨髄炎(Chronic Recurrent Multifocal Osteomyelitis・以下CRMO)という難病が発覚し、少し前からは頭部にも重い皮膚炎が現れるように。すでに広い範囲で頭髪が抜けてしまっている。

思春期は、ただでさえ人の目が気になるもの。彼女は教師に「パーカか黒い帽子で頭部を隠したい」と相談した。


関連記事:カバン持ち込みやTバック禁止令も… おかしな校則自慢でネット掲示板が沸く

 

■学年主任が独断で却下

ところが、担任教師と学年主任は「校則では許されていない。一人だけ例外をつくるわけにはいかない」とエラさんの帽子着用を認めなかった。失望したエラさんを見て、両親と同級生たちは激怒。

17日、彼らは抗議の旗やプラカードを振り、キャップやパーカを頭にかぶるなどして校内でデモを行った。これに驚いた校長は、ただちにエラさんを呼び帽子の着用を許可した。「会議に出席していて、相談があったことを知らなかった」と釈明している。

次ページ
■骨や皮膚に重い病変

この記事の画像(2枚)