丸山桂里奈、聖火トーチの置き場所に悩む 「箱に入れたら分からないし」

丸山桂里奈が22日インスタグラムのストーリーズを更新し、トーチを野球のバット置きに入れるか悩みを語った。

2021/05/23 13:00

丸山桂里奈

元なでしこJAPANの丸山桂里奈がインスタグラムのストーリーズを更新。東京五輪の聖火リレーで使ったトーチの保管場所について語った。



 

■3月に聖火ランナーで使用したトーチ

オリンピック・聖火

丸山が聖火ランナーを務めたのは1年間延期された今年の3月25日。福島県のJヴィレッジより2011年サッカー女子ワールドカップの優勝メンバーら16人で第1走者を務めた。

「走ったのときアスファルトに感謝の気持ちを伝えた」と丸山は走った後に語った際、聖火を運ぶのに使用したトーチが今回の話題になっている。


関連記事:桂文枝、聖火リレーランナーとして万博記念公園を完走 重かった「オリンポスの炎」

 

■サッカー協会からの贈り物

丸山は15日放送の『有吉くんの正直さんぽ』(フジテレビ系)に出演の際、サッカー協会が購入してメンバーにプレゼントされたことを語った。

番組MCの有吉弘行からトーチの置き場を聞かれ、風水的に玄関に置いた方がいいと聞いたと丸山。「トーチって光るんですよ。多分玄関で目がやられるんじゃないですか」と笑いを誘った。


■しずちゃんのように自作は困難

今回インスタグラムのストーリーで丸山はトーチの置き場所について、トーチ用の台もなく箱に入れると何かわからず難しいと悩む。先日南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代と話し、山崎は自作すると聞いたと語る。

丸山は作る技術がないので、既存のもので探すと語る。野球のバット置きが候補に挙がっていた。玄関に野球のバット置きに入ったトーチが光り輝く姿が想像でき、結果報告が待ち遠しい。

・合わせて読みたい→丸山桂里奈、異常なお清め方法に視聴者驚愕 「マジ面白い」「ジワジワくる」

(文/しらべぇ編集部・穂月心

有吉弘行東京五輪南海キャンディーズ山崎静代しずちゃん丸山桂里奈聖火リレー聖火ランナートーチ元なでしこJAPANサッカー女子ワールドカップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング