東京最後の「東京チカラめし」に新展開 限定メニューのクオリティに記者驚嘆

かつての大ブームとなった「東京チカラめし」。新メニューが激ウマでオススメしたい一品だった。

グルメ

2021/05/24 04:00

東京チカラめし

2011年ごろから急速に店舗数を増やし、最盛期には100店舗を超えるほどの人気を誇った焼き牛丼チェーン「東京チカラめし」。

人気は長く続かず、現在営業しているのは全国で3店舗(東京、千葉、大阪)という状況だ。そんな中、都内で唯一営業している新宿西口1号店に「新メニュー」が登場したというので、現地まで足を運んでみた。


画像をもっと見る

 

■急激な店舗の増加についていけず

東京チカラめしは他のチェーン店と差別化をはかるため、牛肉を煮るのではなく「焼く」というオリジナルの牛丼を提供。これがお客に受け入れられて一大ブームとなった。

しかし、急激な店舗の増加に人員確保が追い付かず、また同時に輸入牛肉の高騰もあって衰退の一途をたどることに。どんどんお店がなくなっていくのは残念でもあった。


関連記事:宇奈とと、通常の4倍の鰻が食べられる「ギガ増し」 納得の量だが少し残念な点も…

 

■店内は活気に満ち溢れる

東京チカラめし

さて閑話休題。都内で唯一となる新宿西口1号店は、JR新宿駅から徒歩2分の好立地にある。店頭には大きなメニュー表が設置されており、豚丼、定食、カレーなどさまざまなメニューが展開。

東京チカラめし

店内は活気に満ち溢れており、お客の入りも悪くない。券売機には手書きのPOPが掲げられているなど、他の牛丼チェーンにはない工夫もみられた。

東京チカラめし

今回のお目当ては新メニュー「鰻の蒲焼き牛丼」(950円)。これをテイクアウトで注文した。

次ページ
■鰻の大きさが想像以上

この記事の画像(7枚)