113キロの女が息子の友人である17歳少年を性的暴行 酒と巨体を使った計画的犯行か

通っている高校に、事件について相談した17歳の少年。彼は加害者の息子の友人でもあった。

2021/05/25 06:45

太る・太った女性・酒
(Vadym Petrochenko/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカ・フロリダ州でこのほど、男子高校生に性的暴行を働いた容疑で40代の女が逮捕された。未成年と知りながら自宅でアルコールを提供し、眠らせてから犯行に及んでいたことを『New York Post』や『SUN Port Charlotte』など海外メディアが伝えている。



 

 

■ボウリング場から自宅へ

事件で逮捕されたのは、フロリダ州ポートシャーロットのジェシカ・レイ・グッド(43)。被害にあったのは、子供の友人で地元の高校に通う17歳の少年だった。

ジェシカ容疑者は9日、ボウリング場で子供の誕生日パーティを開催した後、友人たちを自宅に招いてアルコールを提供し、「眠くなったら寝室のベッドで休めばいい」と促した。犯行は計画的なものだった可能性も指摘されている。


関連記事:11歳娘の男友達をパーティーに招いて性的暴行 38歳女に最低でも懲役45年か終身刑

 

■「巨体に乗られ動けず」

事件は、少年が高校の教師に被害を相談して明るみに出た。ジェシカ容疑者は、少年少女が眠っている寝室の一つに忍び込み、113kgの体で1人の少年に馬乗りになると、性的行為を始めたことを警察に認めている。

当時の記憶について、少年は「アルコールのせいで眠気がひどく、巨体にのしかかられて全く身動きが取れず、とても屈辱的な行為だった」などと話しているが、それとは食い違う証言もあるようだ。

次ページ
■証言の食い違いも

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

母親誕生日アルコール息子パーティ被害者強姦性的暴行加害者未成年者目撃者証言翻訳記事ボウリング場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング