イモトアヤコ、わらびの下処理に奮闘 「重曹まぶしーの、熱湯かけーの」

イモトアヤコが、アクが強いことで知られるわらびを調理したことを報告。かなり手間がかかったようだ。

エンタメ

2021/05/27 19:45

イモトアヤコ

お笑いタレント・イモトアヤコが27日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズ機能で、わらびを調理したことについてつづった。



 

■アクが強く有毒物質も…

わらびは日本では古くから食べられている山菜だが、とくにアクが強く、発がん性物質やビタミンB1を破壊する酵素などの有毒な化学物質が多量に含まれている。そのため、調理の際にはアク抜きなどの下処理が重要となる。

アク抜きには、木灰や重曹をまぶして半日ほどおき、さらに熱湯をかけて重石を置いて一晩放置し、苦みが抜けるまで水にさらすのが一般的とされ、かなり手間がかかることで知られている。


関連記事:「いい苺の日」 セブンイレブンで絶対食べたい苺スイーツ7つ

 

■手間かかった分おいしかった

イモトは、「スーパーで売っていたわらび。昔よくおばあちゃんが作ってくれて、久々に食べたいと思い買ってみたが…」と生のわらびの写真を投稿。

「調べてみるとなかなか下処理大変そうで、重曹まぶしーの、熱湯かけーの、8時間くらいねかしーの、良い感じの水煮」と写真とともに下処理の手順を説明すると、「からの、おひたし。手間かかった分おいしかったです」と、最後はわらびのおひたしの写真も紹介した。


■過去には“自家製コーラ”も披露

イモトは以前にも、おやつに大学イモを作る様子や、レモンやショウガ、シナモンなどのスパイスを使って自家製コーラを作る様子を動画で公開したほか、自宅で豆苗を育てていることも明かすなど、“主婦力”の高さをのぞかせている。

多忙なスケジュールの中で、手間をかけて丁寧に調理したわらびも、さぞかし格別な味だったに違いない。

・合わせて読みたい→カップ麺も健康的なひと品に… 西友の“ちょい足しレシピ”に感激した

(文/しらべぇ編集部・けろこ