全日空機がマスクトラブルで1時間足止め 「コロナ感染し病院から出てきたばかり」

今回のトラブルについて「CAさんは毅然とした対応を取っており、全く問題がなかった」と目撃者。

2021/05/29 00:30

ANA

28日午前10時沖縄発東京行きの全日空機が、機内でのマスクトラブルから約1時間離陸できない状態が続いた。しらべぇ取材班は、トラブルを間近で目撃した乗客から、詳しく話を聞いた。



 

■マスクをしない男性がトラブル

乗客のヴォルシュマック3世さんは、この日110人が搭乗した全日空ボーイング787の1Cの席に座っていた。出発時刻になっても離陸せず、約10分後に大柄の男性がマックさんの隣の席に着席。この男性はマスクをしていなかった。

https://twitter.com/volshmac3/status/1398094123005927428?s=20

CA(キャビンアテンダント)がマスクをするように促すと、「地上で診断書をだし、マスクをしなくてよい許可をもらった」と主張。CAが地上スタッフと連絡を取った後には「会話をするときは、ハンカチで口を覆うという条件付きで許可をだしている」と回答していたという。

すると、男性が「ハンカチをもってこい」や「地上スタッフをつれてこい」などと語り、CA5人と押し問答になった。


関連記事:2歳児がマスク拒否し強制降機になった一家 激怒の動画公開に「当然だろ」の声も

 

■病院から出てきたばかり

結局CAは紙ナプキンを渡したが、男性はそれを投げ捨てたという。それを見ていたマックさんが今度は注意したが、男性と口論になった。その際に男性は、「新型コロナに感染し、病院から出てきたばかり」と発言。

マックさんは、この発言をきっかけに自主的に飛行機から降りることを決断し、返金対応を受けた。今回のトラブルについて「CAさんは毅然とした対応を取っており、全く問題がなかった」と話す。その後、空港のカウンター付近で、警察がやってくる姿を目撃したという。

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

次ページ
■会議に出席できず
東京沖縄CA警察マスク那覇診断書羽田全日空新型コロナウイルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング