有吉&マツコ、給食に悩む小学生女児に力強い助言 「先生がおかしい」

「デザートを先に食べたい」「量が多い」など悩みが尽きない給食について有吉弘行とマツコ・デラックスが力説。

テレビ

2021/05/29 01:00

有吉・マツコ

28日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で小学生女児の給食の悩みについて有吉弘行マツコ・デラックスが激論。視聴者からも大きな反響が起きている。



 

◼小学2年生の悩み

小学2年生の女児から「先生が『給食のデザートは最後に食べなさい』って言うけどなぜですか? 食べたいときに食べたいです」との質問が番組に届く。

マツコは「デザート文化はもともと日本にはない、西洋料理から伝わった」と推測し、「ちゃんとした西洋料理の場、マナーを勉強させたいのかね?」と疑問を呈す。

有吉は「給食なんて盆でドンと(一緒に)出してるんだから、好きに食べればイイ。バイキングと一緒」と言及。デザートを最後に食べさせようとする教師に対し「先生がおかしいよ」と指摘した。


関連記事:マツコ、有吉の本心に感動 「どこかでお笑いコンビの相方だと思っている」

 

◼社会で学ぶ

マツコもそれに共感し「だったら1品1品出しなさいよ」と追従。有吉も「最後に出るからデザートなんじゃないの? 最初から出してるんだから、もう先付け(コースの一品目の料理)だろ」と笑いながら持論を展開する。

外食時に「どれだけ途中でデザートを食べたくなっても、コースの途中で『デザートください』とは言わない。学校の給食で教えなくても社会で身につく」とマツコは主張した。

次ページ
◼給食のトラウマ