今、専業主婦になりたいと思う人の割合は? 独身女性に聞いてみた

一昔前は一般的だった専業主婦。「なりたいか」を聞くと…

男女

2021/05/30 19:00

専業主婦
(Promo_Link/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

家事全般を仕事とする専業主婦。日本では長らく「男は外で仕事をして金を稼ぎ、女は家を守る」という考え方が一般的だったが、最近は共働きや男性が家事を担当することも増えており、意識が変わっている様子。

そんな現在の社会情勢で、専業主婦になりたいと考える人はどのくらいいるのだろうか?


画像をもっと見る

 

■専業主婦になりたい?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の独身男女1,017名に調査を実施した。

結果、「専業主婦」になりたいと思うと答えた人は27.3%。7割は、専業ではなく何らかの仕事をすることを望んでいる。


関連記事:離婚申請の夫に裁判所が支払い命令 「5年間の家事・育児の報酬82万円を妻に」

 

■30代女性は4割が専業主婦志望

専業主婦になることを望む人を男女別に見てみよう。

30~50代女性の割合が高く、30代は36.7%が専業主婦を希望している。仕事で苦労している人も多いだけに、安定したいと考えるのだろうか。

次ページ
■望まない人の声は

この記事の画像(3枚)