プロレスラーの首を絞め反撃を受けた男児 「正当防衛」「自業自得」の意見も

悪役レスラーを見て、飛びかかった男児。それを笑って許せる余裕がレスラーにはなかった。

社会

2021/05/30 04:30

プロレス・プロレスラー・悪役レスラー
(viafilms/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

正義感が強すぎて…? 小さな男の子がプロレスラーの首を絞め上げようとして反撃を食らったことを、『Daily Mail Online』など海外のメディアが報じている。



 

■悪役に飛びかかった男児

数日前のこと、メキシコにてプロレスの屋外イベントが華々しく開催された。この試合では悪役軍団が負け、メンバーのひとり(21)はショックもあってか、リングの外でしゃがみ込んだ。

すると、その様子をじっと見ていた5歳の男の子が「憎たらしい」「本当に悪いやつだ」と考え、背後から忍び寄って襲撃。太い首にいきなり細い腕をかけ、絞め上げようとした。


関連記事:女教師が授業中に股間触る自撮り 小2女児が「先生がヘン」と親に告げ逮捕

 

■レスラーがまさかの反撃

襲撃された瞬間、レスラーはいら立った様子で男の子の腕をつかみ、小さな体を容赦なく地面に叩きつけた。この様子を見ていた観客たちは怒り出し、レスラーを痛烈に批判。続いて通報を受けた警察が現場に急行し、レスラーの身柄を確保した。

男の子はレスラーの首を絞めた理由について「悪党軍団のメンバーだから」と警察に話しており、本気で倒すつもりだったことは間違いないようだ。

次ページ
■他レスラーたちが慰問

この記事の画像(1枚)