熱中症疑い生徒8人が救急搬送、3人が一時重症の中学校 体育時のマスク姿をネットに公開

体育の授業中に「マスクを外してもいいし、外さなくてもいい」と指導していたことが取材で判明。

2021/05/31 20:30

篠栗町立篠栗北中学校

31日昼すぎに、福岡県篠栗(ささぐり)町の篠栗北中学校で、体育祭の練習中に約10人の生徒が体調不良を訴えた。しらべぇ取材班は、当時の状況を消防と教育委員会から詳しく聞いた。



 

■約10人が体調不良

粕屋南部消防本部によると、午後0時41分に学校から、「14歳の女子生徒が熱中症で過呼吸になっている」との119番通報が入った。まず救急車1台が中学校に向かったが、約10人が体調不良を訴えていることが判明したため追加で救急車3台と支援車両を要請。

症状が重い計8人を粕屋町内の病院に搬送したが、一時3人が重症に陥った。その後医師の懸命な治療の結果、夕方までに全員が帰宅したという。


関連記事:小学校5年男児が5分走後突然死・あごにはマスク 病理解剖などでも死因不明

 

■全校生徒参加の体育祭リハーサル

篠栗町教育委員会学校教育課によると、この日午前9時から午後0時まで全校生徒326人が参加し、体育祭リハーサルが行われていた。福岡管区気象台によると、篠栗町に隣接する同県飯塚市では正午ごろに気温28℃を超え、午後2時ごろには30.7℃を記録。

今回の原因については、「水分が十分に取れていなかったことと、気温が急激に上昇したことが影響したのではないか」と担当者。体育祭は来月4日の予定だが、実施するかどうかについて学校が検討中だという。

次ページ
■体育中のマスク姿をSNSに公開

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

FacebookSNSマスク福岡県熱中症体調不良体育祭重症過呼吸新型コロナウイルス篠栗北中学校
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング