谷原章介、大坂なおみ選手への発言を謝罪 「申し訳ないことを言った」

大坂なおみ選手が全仏オープンを辞退、2018年からうつ病に悩まされていたと告白。これを受け、谷原章介が先日の発言を撤回し、謝罪した。

2021/06/01 12:20

谷原章介

1日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)では、女子テニス・大坂なおみ選手が全仏オープンを辞退すると発表したことについて特集。番組MC・谷原章介が、先日の放送での発言を撤回し、謝罪した。



 

■全仏オープンを辞退

全仏オープンの1回戦に勝利した後、事前の予告通り記者会見を拒否するかたちとなった大坂選手。主催者側は今後も応じない場合、4大大会への出場を認めない措置をとる可能性もあると警告しており、大坂選手の対応は世界で波紋を広げている。

そうした中で1日、大坂選手は自身のツイッターで「大会、他の選手、そして自分の健康のために棄権するのが最善の選択肢だと思った」と大会を辞退することを表明し、2018年の全米オープン以降うつ病に苦しんできたことを明かした。


関連記事:加藤浩次「俺は違うと思う」 大坂なおみ選手の会見拒否問題の反応に疑問

 

■「対話の場をもって主張して」と苦言

同番組では、31日の放送でも大坂選手に関する話題を取り上げていた。

このとき谷原は「意見に皆さんが注目してるわけじゃないですか。オピニオンリーダーですよ。そういう方が一方的なツイッターやSNSでの発信ではなくて、問題を提起することによって、皆さんが考えるきっかけをくれるのは、とってもいいこと」とコメント。

しかし、「それはそれでやりつつ、きちんと会見の場で、対話の場でもって主張して頂きたい」と大坂選手の主張の仕方について苦言を呈していた。

次ページ
■先日の発言を撤回、謝罪

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

テレビテニス谷原章介会見うつ病武井壮大坂なおみ全仏オープンめざまし8
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング