小島瑠璃子、大坂なおみ選手の全仏棄権に言及 「次元が違いすぎる重圧が…」

小島瑠璃子がツイッターを更新し、うつに苦しんできたことを公表した大坂なおみ選手について言及した。

小島瑠璃子

タレントの小島瑠璃子が1日、自身のツイッターを更新。大坂なおみ選手が、全仏オープンテニス2回戦を棄権すると公表したことに言及した。



 

■どれもに悩みながら戦っている

全仏オープンテニス1回戦を勝利した後の記者会見を拒否し、同大会2回戦を棄権することをSNSで公表した大坂選手。

小島は、「(大坂選手は)自分とプレッシャーと固定概念と差別」のどれもに物凄く悩みながら戦っているとではないかとし、「想像もできない重圧が彼女にのしかかっており、次元が違い過ぎる」と気遣う。


関連記事:加藤浩次「俺は違うと思う」 大坂なおみ選手の会見拒否問題の反応に疑問

 

■心からリラックスできる場所があれば

大坂選手は、大会や他の選手や自分の健康のために棄権することが「最善の選択肢」としており、2018年の全米オープン以降、うつに苦しんできたことも公表している。

このことについても、小島は「笑って心からリラックス出来る時間があればいいなと思います」と祈るようにつづった。


■ファンからも「本当にそう思います」

これを読んだファンからは「本当にそう思います」「大坂なおみ選手、ゆっくり休んでほしい」「テニスを嫌いにならないでほしい」など多くの声が上がっていた。

なかには「こじるりも負けないでね」「このコメントをしたこじるりに気概を感じる」「こじるりは優しい」など小島に対するコメントも寄せられている。

・合わせて読みたい→ビートたけし、全豪優勝の大坂なおみ選手に興奮 安住アナにツッコまれる場面も

(文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

ツイッター記者会見小島瑠璃子全仏オープンテニス大坂なおみ選手棄権
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング