ひろゆき氏、ツイッターの投げ銭機能の“欠陥”指摘 「作った人はアホですか?」

ツイッターの投げ銭機能を試してみたひろゆき氏。投げ銭ではなく、逆に高額の請求が届いていることを明かした。

2021/06/01 19:15

西村博之・ひろゆき

元2ちゃんねる(現5ちゃんねる)管理人で、現在は4chan管理人の「ひろゆき」こと西村博之氏が6月1日、自身のツイッターを更新。ツイッターに提供された「Tip Jar(チップ入れ)」機能の“欠陥”について指摘している。



 

■決済サービスは5種類

Tip Jarは、ツイッター上で活動している人に外部の決済サービスを利用して投げ銭ができる機能で、現在のところ、投げ銭を受け取れるのは一部のクリエイター、ジャーナリスト、非営利団体などに限られている。

現在、使用できる決済サービスはPayPal、Bandcamp、Cash App、Patreon、Venmoで、日本語に対応しているのはPayPalのみとなっている。


関連記事:『グッとラック』居酒屋が感染症対策料金を請求 ネット上では賛否の声

 

■お金をもらえるはずが…

ひろゆき氏は、「twitterで投げ銭ができる機能ができたので試してみる。→お金が貰えるのではなく、請求されていた…。→な…何を言ってるのか わからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…」とツイート。

なぜか投げ銭ではなく、100円の請求が届いている画像を添えた。

次ページ
■とんでもない高額請求も

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

西村博之ひろゆき請求投げ銭公式ツイッターPayPal吉永龍樹TipJar
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング