TikTokで流行の「ナンチャッテ舌ピアス」は超危険 13歳少女が緊急手術へ

胃から下腹部まで、15センチ以上も残った手術痕。本人は、自身の愚行をひどく悔やんでいるという。

話題

2021/06/02 17:00

舌ピアス
(Goos_Lar/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

適度な再生時間もウケて、大人気のTikTokの動画。だが体験型、実験型の動画には無責任なものが非常に多い。若者の間では、命の危険すらある「ナンチャッテ舌ピアス」なるものがはやっていたようだ。

イギリスの『Liverpool Echo』『Mirror』などが、ある少女の身に起きた悲劇の話題を伝えている。



 

■きっかけはTikTok動画

イギリス・マージーサイド州のレインヒルに暮らす13歳の少女。彼女は最近、TikTokの動画がきっかけで「ナンチャッテ舌ピアス」なるものを知り、さっそく自分も試してみたところ、命の危険にさらされて大手術を受けた。

その後、母親のフェイ・エリザベスさんが、地元メディア『Liverpool Echo』の取材に対応。娘の名前は明かさず、痛々しい腹部の手術痕を撮影した写真だけが提供されている。


関連記事:2歳児がマグネットボール誤飲で胃に穴が開き血便も 塊と化した209個を摘出

 

■画像検査で異物と穴を確認

少女が作った舌ピアスは、小さな数粒で模様を形成していた。だが、その正体は「飲み込んだら危険。粒が複数なら消化管に穴が開く」と恐れられている磁石ボール。強い磁力を利用し、舌を上下から挟むという方法だった。

ある日、少女は黒い液体を吐き、ひどい腹痛を訴えてアルダー・ヘイ小児病院へ。画像検査で、腹部に丸い小さな異物が多数存在すること、それらが互いに強く引き合うことで、虫垂や腸の組織に穴が開いていることがわかった。

次ページ
■無意識のうちに飲み込む

この記事の画像(1枚)