BBQやり逃げ問題で警察出動 管理者は「主催者呼び出し始末書を書かせる」 

「主催者代表から、当日大雨になったため、そのままにして逃げたとの連絡がはいった」と管理者。

話題

2021/06/02 10:15

BBQやり逃げ

つい先日は、帯広市の公園駐車場でバーベーキューのやり逃げが発生。林の中にわざわざ使った炭を捨てていったことに対しても、「悪質極まりない」と管理者が憤っていた。今度は埼玉県内で同様の事案が発生し、埼玉県警が不法投棄として捜査に動いた。


画像をもっと見る

 

■呆然とした目撃者

先月30日午後3時頃に、埼玉県川越市・八瀬大橋高架下河川敷の変わり果てた姿をみた、投稿者のしもしもさん。「非常にショックを受けて呆然とした」と話す。

ここでバーベーキューをやっていた団体は大人数で行っており、その様子をSNS上に投稿。ゴミが散乱した背景をバックに、ピースサインで撮影した様子が、ツイッターで拡散されている。


関連記事:全国初の“エスカレーター条例”で片側空けは不要か SNSで賛否相次ぐ

 

■憤る管理者

この場所を管理する埼玉県川越県土整備事務所は、しらべぇ編集部の取材に対して「主催者代表から、当日大雨になったため、そのままにして逃げたとの連絡がはいった」と話す。捜査に動いた埼玉県警にも、代表者から「業者に片付けさせる」との連絡が。

しかし、31日は業者を手配できずにそのままの状態で、散らかったまま。そのため、この場所を普段利用するボランティアの人たちが片付けに参加。1日に業者が大きいものを持ち帰り、ボランティアが片付けたものを整備事務所が回収した。

整備事務所管理担当は、「逃げる状態になる前にゴミをまとめるぐらいはできたはず。河川敷でやるなら天気予報も事前に確認するべきで、主催者を呼び出し、厳重注意の上、始末書を書かせる」と憤る。

次ページ
■家電製品を不法投棄も

この記事の画像(3枚)