酒に酔い妻と大げんかで威嚇発砲 警察官が誤って6歳愛娘を死なせる悲劇に

愛娘の足跡と名前のタトゥーを彫り、叱ったこともない子煩悩な父親。しかし酒に酔うと、妻には乱暴だった。

2021/06/03 10:30

夫婦喧嘩・娘
(AndreyPopov/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このほどアルゼンチンで、30代の警察官が酒を飲むなか妻とけんかになり、激高して銃を取り出し威嚇のため発砲。しかし、誤って最愛の幼い娘を死なせてしまった。悲劇的な事件の話題を、イギリスの『The Sun』『EMINETRA』などが報じている。



 

 

■夫婦ともに警察官

事件は、アルゼンチン・ブエノスアイレス州ラマタンザパルティードのビレイ・デル・ピノという町で起きた。逮捕されたのは、現役の警察官であるフアン・ラモン・エレーラ(34)だ。

やはり警察官の妻ナタリア・アナリア・ベルガマスキさん(29)と酒に酔ったうえでけんかになり、拳銃を手に取ったことが悲劇の始まりだった。拳銃は警察から貸与されているもので、不適切な理由で使用する罪は極めて重い。


関連記事:自宅の押入れで拳銃発見・警察出動でネット騒然 発見した家族を直撃

 

■地面から跳ね返った銃弾

妻をだまらせようと、威嚇目的で地面に向け一発発砲したフアン。すると、跳ね返った銃弾は6歳の愛娘ヴィクトリアちゃんの腹部に飛び込んだ。

血だらけで救急車に乗せられ、ドミンゴ・ロカ・ヘルスセンターに向かったヴィクトリアちゃんだが、到着前に死亡が確認された。その後、フアンは過失致死罪で逮捕され、休職処分が下ったという。

次ページ
■「まさか娘に当たるとは…」

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

父親ケンカ警察官泥酔拳銃口論発砲過失致死威嚇銃弾子煩悩翻訳記事愛娘
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング