弘中綾香アナ、自著をイジり倒した神田伯山と直接対決 「フラれた気分になった」

弘中綾香アナの著書『弘中綾香の純度100%』を講談師・神田伯山らがラジオでイジった。

2021/06/03 08:45

弘中綾香アナ

2日深夜放送『はなつまみ』(テレビ朝日系)に初のフォトエッセイを発売したテレビ朝日・弘中綾香アナが出演。同番組レギュラーの講談師・神田伯山への怒りをにじませた。



 

◼初のフォトエッセイ本

『Hanako.tokyo』での同名連載に、書籍オリジナルコンテンツを加えた初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)を2月に発売した弘中アナ。

30歳を迎える弘中アナが「いまとこれから」を自身の言葉で書きつづった同書について、発売後に伯山が自身のラジオ『問わず語りの神田伯山』(TBSラジオ)でイジっていたと弘中アナは憤る。


関連記事:神田伯山、SNSで揉める立川志らくに呆れ 「本当に愚かな男だな」

 

◼ラジオ内で激イジリ

ラジオ音源では、「俺は読んでないけどスタッフが全部熟読している。『どうだった?』って聞いたら『最悪の文章ですね、結局こいつはどうしようもないヤツなんですよ』って(言っていた)」と伯山は楽しげに語る。さらに「所信表明」と題した部分を音読。

「急に文章を書きたくなった。いや、書かなければ私の中の何かが壊れる。という衝動に突き動かされている。なぜなら、本当の私がこの世からなくなりそうだから」としっとりと読み上げたあと、一転して「まずいね、これちょっと」と笑いものにした。

次ページ
◼伯山スタッフの厳しい声
ラジオテレビ怒り対決フォトエッセイ神田伯山弘中綾香アナはなつまみ問わず語りの神田伯山
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング