爆問・太田、後輩指導に悩む弘中綾香アナに助言 「自分のことだけ考えろ」

後輩の育成・指導の悩みを相談した弘中綾香アナに爆笑問題・太田光らが持論を展開した。

2021/06/03 09:05

爆笑問題・太田光・弘中綾香

2日深夜放送『はなつまみ』(テレビ朝日系)で、同局・弘中綾香アナが「後輩育成・指導」の悩みを吐露。爆笑問題・太田光らが同問題への解決案を力説した。



 

◼後輩の指導に悩み

「自分が受けてきた厳しい指導方法」と「時代背景から変化した指導方法」のギャップに苦しんでいると弘中アナは告白する。

自身は「声が小さい・高い、声が出てない」「喉が潰れるまで発声練習しろ」「こんなんじゃダメ、もっとやれ」と叱責されるような、スパルタな指導方法で発破をかけられたと弘中アナは回顧。

「絶対売れてやるぞ」とハングリー精神が養われたと振り返るが、昨今はパワハラなどが問題視され「ダメ出しはするな」「否定から入るな」「肯定的に言え」と指導するよう指示されていると明かした。


関連記事:神田伯山、SNSで揉める立川志らくに呆れ 「本当に愚かな男だな」

 

◼伯山は「自分を棚に上げる」

弘中アナは、厳しい指導を乗り越えて「その先輩に認めてもらえた。(厳しい指導も)今となっては良かったなと思うことが多い」と本心を述べる。

講談という伝統芸能の世界に身を置く講談師・神田伯山は「自分のことを完全に棚に上げて、後輩に言わなきゃいけない」と後輩の指導は厳しくする必要もあると吐露。「あとで陰口を言われるのはわかってるけど、言わないと下が変わっていかない」と主張した。

次ページ
◼太田の持論
パワハラテレビ爆笑問題太田光指導先輩後輩神田伯山弘中綾香アナはなつまみ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング