だいたひかる、不妊治療を黙っていた理由明かす 「自然を装いたかった気持ちも」

だいたひかるが、不妊治療を始めた当初に黙っていた理由について告白。「寛容な世の中に」と願っている。

2021/06/03 18:45


 

■不妊治療に寛容な世の中に

続けて、「私が始めた頃は、まだ不妊治療は特別な感じでしたが…今は普通のこととなり、これからはもっと…不妊治療に寛容な世の中になっていくと思います!」とこれからの社会に期待も。

「不妊治療は病気ではなく、昔の人に比べて子供ができにくくなっていることは確かなので…」として、「結婚して1年して子供を望んでいるのに、できなかった場合は早いに越したことはないので、病院に行くことをお勧めします」と呼びかけた。


関連記事:だいたひかる、受精卵の移植日迎え 「お腹だけ若返ってきますね」

 

■ファンから共感の声

このエントリーには、同じく不妊治療を受けた人から「治療を始めたら、人には言えないそれぞれのつらさや長さがあることの多さに改めて気付かされました」と共感が寄せられた。

また、自然に妊娠した人からの「自分を取り囲む今が当たり前ではなく奇跡だと気付かされます」とのコメントや、不妊治療の末に出産した人から「不妊治療の先には一人の人間の人生があるということも忘れたらいけないなと思いました」とのコメントも書き込まれている。

・合わせて読みたい→だいたひかる、受精卵移植後1週間の心境語る 「だいぶ怖いけど頑張る」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

妊娠不妊治療だいたひかる公表Ameba公式ブログ小泉貴之寛容
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング