新型コロナ治療後の「ムーコル症」がインド以外でも 眼球摘出と高い致死率

新型コロナ治療の酸素吸入で使用される加湿瓶の不衛生さ、ステロイド剤の過剰投与などが原因だという。

2021/06/04 16:55

新型コロナウイルス・COVID-19・SARS-CoV-2

インドでは、新型コロナウイルス感染症の治療を受けた患者が、その後に「ムーコル症」という別の疾患を発症することが問題になっている。致死率の高さで知られるそのムーコル病が、ついにインド以外でも広がり始めたようだ。

イギリスの『Mirror』、アメリカの『NEW YORK POST』など海外のメディアが続々と報じている。



 

■危険な「黒い真菌」

かかれば致死率は新型コロナウイルス以上に高く、眼球摘出を余儀なくされる例もあるため、非常に恐れられている真菌症の「ムーコル症」。英語圏では「black fungus(ブラック・ファンガス/黒い真菌)」とも呼ばれている。

インドでは、新型コロナウイルス感染症から回復した患者のうち、すでに1万人以上がそのムーコル症を発症したという。


関連記事:「新型コロナ患者の力になりたい」 防護服姿でボランティアに励む教師に感謝の声

 

■基礎疾患のある方は要注意

ムーコル症は、糸状菌リゾプス・​オリゼなどへの感染が原因で、湿度の高い環境で発生。臓器移植を受けて免疫抑制剤を飲み続けている人、血液疾患、悪性腫瘍、糖尿病の患者など、そもそも免疫力が低下している人たちが発症しやすいとされている。

そのムーコル症が、ついにインド以外でも確認された。チリ、ウルグアイでもやはり新型コロナの治療を受けた患者の間で発生し、急激な広まりに警戒感が募っているという。

次ページ
■治療の抗真菌薬が不足

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

インド抗生物質不衛生チリウルグアイ致死率新型コロナウイルス翻訳記事酸素吸入アメリカ疾病予防管理センタームーコル症眼窩蜂窩織炎眼球摘出ステロイド剤真菌抗真菌薬加湿瓶過剰投与黒い真菌
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング