愛犬が花の種を食べて中毒死 「飼い主は正しい知識を」と女性が涙の訴え

ペットに害、毒となる物は意外にも身の回りに溢れている。これからの季節は特に注意が必要だ。

社会

2021/06/05 13:00

花・犬・庭・草
(diane39/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある女性の愛犬が、庭の花の種を食べたことが原因で中毒死した。「飼い主は、庭や散歩道に生えている植物について、どうか正しい知識を」と女性は悲しみのなかで訴えている。イギリスの『Wales Online』などが報じた。



 

 

■花の種を食べた愛犬

イギリス・サフォーク州レンドルシャムで暮らすヘザー・グロックリングさん(35)は、レオナちゃん(14)、ジャスミンちゃん(12)、そしてオスカーくん(3)という3人の子供たちと、愛犬「モチ」の死に打ちひしがれている。

自宅の庭に咲いていたオーニソガラムという白い花の種を食べたモチが、中毒死してしまったのだ。

この花はユリ科の植物で、キリスト誕生の夜に光り輝いたという言い伝えがあることから、欧米では「ベツレヘムの星」という名で親しまれている。星の形をした白い花びらが可憐で、地域でも人気の植物の一つだという。


関連記事:保育所職員が赤ちゃんの腹を連絡帳代わりに… シングルマザーの女性が激怒

 

■庭の手入れの後に悲劇

18日、自宅の庭で遊んでいた際にモチはオーニソガラムの種を口にし、夕方にはぐったりして嘔吐。それですっきりしたように見えたため、ヘザーさんは一晩付き添って様子を見ることにした。

だが翌日、モチは歩けないほど容体が悪化。ヘザーさんが動物病院に急いで連れて行くも、手術台の上で昏睡状態となり、二度と目覚めることはなかった。

劇症肝炎を起こしていたといい、この2日前にヘザーさんが庭の手入れをした際にオーニソガラムの種子が舞い、地面に付着したことが原因だと考えられるという。

次ページ
■「何が有毒か正しい知識を」

この記事の画像(1枚)