非番の消防隊員が職場で同僚1名を殺害 逃走の果てに自宅で自殺図る

問題の隊員は犯行後、自宅に逃げ込み立てこもると建物に火をつけ、自殺を図った。

社会

2021/06/05 12:00

消防署・消防局・消防車
(Victor Labzin/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

人の命を救うことを使命としている消防士が、なぜこのような事件を起こしてしまったのだろうか。アメリカ・カリフォルニア州の小さな町にある消防分署で、隊員が別の隊員を殺すという事件が起きた。『CBS Los Angeles』『Twitter/L.A. County Fire Department』などが報じている。



 

 

■非番なのに現れた隊員

ダウンタウン・ロサンゼルスから約64km北に位置する、アメリカ・カリフォルニア州のアグア・ダルシー。1日午前11時ごろ、その小さな町のロサンゼルス市消防局・第81分署で発砲事件が起きた。

非番だった隊員が署に現れ、いきなり同僚のトリー・カーロンさん(44)を射殺。55歳の隊長も撃たれて重傷を負い、サンタクラリタのヘンリー・メイヨー・ニューホール記念病院にヘリコプターで搬送された。容体は安定しているという。


関連記事:大阪市消防局職員101人が新型コロナ感染、うち50代男性死亡 感染対策について聞いた

 

■自宅に放火してから自殺

事件を起こした隊員は、犯行後は現場から16km離れたアクトンにある自宅に逃げ、立てこもった。しかし内部から火の手が上がり、その家はやがて大きな炎に包まれた。

消火活動後、現場から隊員とみられる男の焼死体が発見されたが、頭部は銃で撃ち抜かれており、自宅に放火してから拳銃自殺を図ったとみられている。

犯行動機について、メディアのなかには「事件の1週間ほど前、仕事に関して先輩格の隊員たちと意見が食い違い、口論になっていた」と報じるところもあるようだ。

次ページ
■近所でもひと際目立つ豪邸

この記事の画像(1枚)