扇風機を消されブチ切れた息子の置き手紙が話題 「パパ、これは警告だからね」

父親の行動に息子があきれ、ダメ出しを連発。批判てんこ盛りの警告文を書いた。

話題

2021/06/05 18:30

少年・ノート・メモ・手紙
(Zolga_/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

扇風機をオンにして寝たはずなのに、いつの間にかオフに…。それが父親のしたことだと気づいた息子が腹を立て、「僕に死んでほしいのか」という内容の手紙を書いた。その全文、また世間の反響などについて、『The Sun』など海外のメディアが報じている。



 

■母親が見つけた置き手紙

海外で暮らすTikTokユーザーが、息子が自分に読ませるためにこっそり書いた“警告文”を見つけ、面白いと考えてさっそく文章を撮影した。

そして「ウチの息子が今朝、こんなにかわいいメモを残していきました…」という説明を添えた動画に仕上げ、TikTokで公開している。


関連記事:母親の惨事に息子が失神 強烈なママ愛判明のいたずら動画に大反響

 

■激しすぎた息子の怒り

子供らしい字で書かれたメモは、「パパ、どうして扇風機のプラグを抜いたの? 僕の部屋は暑いのに」という文章で始まっていた。

「僕に窒息してほしいの?」「熱中症になってほしいのかな」などと書くうちに息子の怒りはヒートアップしたらしく、「パパは自分の長男に死んでほしいのかな?」という質問も書き加えられていた。

次ページ
■父親への厳しすぎるダメ出しも

この記事の画像(1枚)