惨殺された女性は実名も晒され… “少年”は法で守られる不条理に波紋広がる

立川市のホテルで起きた男女殺傷事件。実名報道と少年法の問題が波紋を広げている。

社会

2021/06/05 05:30

6月1日、東京都立川市のホテル室内にて、派遣型風俗店で働いていた女性が、全身およそ70カ所を刃物で刺され死亡、店の従業員の男性も腹部を刺され重傷を負う事件が発生。容疑者として逮捕されたのは、19歳の“少年”だった。

この凄惨な事件については、報道の在り方を問う声も多く上がっている。



 

■殺人未遂で19歳の少年逮捕

立川・ホテルシティ

報道によると、1日午後3時45分頃、立川市曙町のホテル室内にて、少年とトラブルになった女性が全身を刃物で刺され死亡し、女性から電話で助けを求められた従業員の男性も、ホテルの廊下で腹部を刺され重傷を負った。

その後、男性への殺人未遂容疑で逮捕された、あきる野市に住む職業不詳の19歳少年は、警察の取り調べに対し「人を殺す動画を見て刺激を受け、無理心中を撮影しようとしたら女性に断られた」「風俗業の人間はいなくていいと思った」などと供述しているという。


関連記事:少年法改正、18歳・19歳は「特定少年」とされ 起訴されれば実名報道も

 

■被害者の「実名報道」に批判殺到

この事件について、一部の報道機関が被害者の職業と実名を併せて報道した一方で、19歳の容疑者は少年法により匿名とされたことが、物議を醸している。

インターネット上には、「19歳少年はまだ20年生きてないという理由だけで守られて、被害者は何も悪くないのに殺され実名報道されるの本当に狂ってる」「肉体も、社会的にも2度殺害されてるようなモノ」「実名報道されない年齢の人間が、なんで女は買える権利だけあるのか教えてほしい」など、怒りの声が噴出している状況だ。

次ページ
■実名報道と少年法の問題に弁護士は…

この記事の画像(2枚)