東国原英夫、尾身会長の決断に言及 「御用学者とは言わせない覚悟」

東国原英夫が尾身会長の「独自の見解を示す」に「覚悟したな」と評価。今後の政府の動きについて推測をつづった。

2021/06/05 22:30

東国原英夫・そのまんま東
(写真提供:JP News)

5日、元宮崎県知事でタレントの東国原英夫がツイッターを更新。新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長が独自の見解を発表することを報告したことについて言及した。

尾身会長は政府が観客の上限について決定する前に、専門家による提言を発表する考えを示している。4日には「政府からの要請はないが、われわれの考えを表明するのがプロとしての責任だ」とコメント。



 

■「覚悟したな」と評価

東国原は、尾身会長の動きについて「覚悟したな。もう御用学者とは言わせない覚悟。専門家としての最後の矜持。なんなら職を辞す覚悟」と評価。また、「政府は尾身会長の事をオリパラは所管外であると疎ましく思っているのではないか」と推測をつづった。

続く投稿で「政府は、今、尾身会長の何かスキャンダルを血眼になって探っているのではないか。あそこの世界はそういう世界である」とコメントした。推測の域を超えていないが、ネットでは政府が尾身会長の動きに不快感を示しているという噂も飛び交っている。


関連記事:茂木健一郎氏、分科会・尾身茂会長に苦言 「単なるご隠居」「専門家の名に値しない」

 

■尾身会長は五輪の開催を疑問視

分科会の会長として、菅義偉首相とともに会見に参加していた尾身会長。東国原の言う通り御用学者と感じていた国民もいたかもしれない。

しかし、2日に国会で「普通は五輪の記載はない。このパンデミックで」「そもそも五輪をこういう状況の中でなんのためにやるのか。それがないと一般の人は協力しようと思わない」と発言していた。

国内の新規感染者数は緊急事態宣言もあり減りつつあるが、世論としては五輪は開催するべきでないという意見もまだまだ多い。尾身会長の独自の見解は、どういうものになるのだろうか。

・合わせて読みたい→田村淳、新型コロナ対策に疑問呈す 「何回目の正念場なんだろうか」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

ツイッター政府東国原英夫東京オリンピック・パラリンピック新型コロナウイルス尾身茂新型コロナ感染症対策分科会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング