30代女性の6割が「上司の無茶振りに困った経験あり」 あり得ない量の仕事を…

上司からなにかを頼まれたとき、それがあまりの無茶振りであった場合、どのように対応すればいいのだろうか。

ビジネス

2021/06/06 21:05

上司の頼みは、断りにくいものである。しかしあまりにひどい無茶振りならば、勇気を出して断ることも必要だろう。


画像をもっと見る

 

■「上司の無茶振りに困った」半数も

しらべぇ編集部で全国10〜60代の有職者の男女785名を対象に調査したところ、全体の47.0%が「上司の無茶振りに困ったことがある」と回答した。

上司の無茶振りに困ったことがあるグラフ


関連記事:岩田剛典、黒柳徹子からの無茶振りでタジタジに 「シュールすぎる」の声も

 

■あり得ない量の仕事を頼まれる

性年代別では、多くの年代で女性の割合が高くなっている。

上司の無茶振りに困ったことがある性年代別グラフ

あり得ない量の仕事を、上司から頼まれた人も。

「確実に1日では終わらない量の仕事をやるように言われて、夜遅くまで残業してなんとかこなした。ちなみに上司は、無茶振りだけして先に帰っていった」(30代・女性)


「上司にとって苦手な取引先があり、そこの人との連絡はすべて私を通すようになっていた。かなり強気なことも言わされて、間に入った私は精神的にきつかった」(20代・女性)

次ページ
■上司であっても断るべき

この記事の画像(3枚)