挙式中に新婦急死で妹が代わりの花嫁に… 批判殺到の両家には金銭的事情アリか

「節操も常識も通用しない」と批判する世間。しかし、インド通からは「持参金制度に縛られたのでは」の声も。

2021/06/06 13:30

結婚式・指輪交換
(west/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

インドでこのほど、結婚式の最中に新婦が心臓発作により急死。すると新郎は両親と話し合ったうえで、彼女の妹にプロポーズした。悲劇の姉と入れ替わり、急きょ妹が花嫁の座に着いたことを、『NEW YORK POST』『Mail Online』など海外のメディアが報じている。



 

■姉が死亡し妹にプロポーズ

その話題は、インド・ウッタルプラデーシュ州のエタワ市から伝えられた。ある結婚式の最中に、スルビさんという新婦が激しい胸の痛みを訴えて倒れ、急いで医師が駆けつけたが、命を救うことは叶わなかった。

予想もしなかった事態に、新郎のマンジェッシュ・クマールさんは両親と相談。そのうえで、急きょ彼女の妹であるニシャさんに「代わりに僕の妻に」とプロポーズした。


関連記事:夫と若い女との結婚式に本妻が乱入 「重婚なんて4人の子はどうなるの!」

 

■ショックを受けた出席者たち

話し合った末、両家とも2人の結婚に合意。新たな花嫁としてニシャさんを迎え、結婚式はそのまま続けられた。別室に安置されたスルビさんの遺体は、結婚式を済ませてから家族により火葬されたという。

しかし、結婚式に出席した誰もが複雑な気持ちになった。おじのアジャブ・シンさんは、メディアの取材に「妹と結婚すると説明されても、素直に受け入れられなかった。スルビがあまりにも気の毒。あの結婚を心から祝福するのは難しい」などと話している。

次ページ
■「常識が通用しない」とコメント殺到
インド結婚式結婚花嫁心筋梗塞新婦急死火葬心臓発作持参金新郎翻訳記事ダウリー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング