男子生徒との性行為で逮捕された高校の女教師が自殺 「年間最優秀教師」に何が…

真面目で優秀だった女教師が男子生徒2名と性的関係に。理性で欲望を抑えきれなかったのか。

社会

2021/06/06 05:30

女性教師

アメリカの高校に勤務していた女の教師が、男子生徒に手を出したことから逮捕され、その後に自らの命を絶った。きわめて優秀と評価されていた女教師の裏の顔を、アメリカの『AL.com』や『DAILY BEAST』などが報じている。



 

 

■男子生徒2名と肉体関係

問題の女教師は、アメリカ・アラバマ州ローレンス郡の公立高校に勤務していたレスリー・ギレスピー(44)。彼女は2020年9月のある日の放課後、15歳、16歳の男子生徒2名と肉体関係を持った。

それが先月になって発覚し、27日にギレスピーは未成年者性的虐待および暴行の容疑で逮捕・起訴された。保釈金6万ドル(日本円にして約660万円)を支払い、その日のうちに保釈されたという。


関連記事:20代美人講師が3歳娘の前で男子高校生と肉体関係 法廷でもあきれた供述を連発

 

■遺体を発見

ところが先月29日午前、ギレスピー容疑者は保釈中の自宅で遺体となって発見された。警察は拳銃自殺だったことを発表している。ギレスピー容疑者は、2019年には「年間最優秀教師」に選ばれるなど、保護者や周りの教師らからの期待も厚かった。

そうした名誉や評価を台無しにし、人々の期待を裏切ったこと、有罪判決が下れば刑務所行きは免れないことなどから、自ら死を選んだものと思われる。

次ページ
■真面目な性格だった

この記事の画像(1枚)