停車中トラックに徒歩の男性が衝突し死亡 意外すぎる事故の全容に警察も困惑

自分の車に歩行者が突っ込んできたとしたら…。あまりにも後味の悪い経験をした運転手がいる。

社会

2021/06/06 04:30

トラック

まるで動いていない車にいきなり衝突し、倒れてしまったある男性。その直後に死亡していたことを、『TooFab』など海外のメディアが伝えた。



 

■突然の事故発生

つい先日のこと、米国・ニューヨークで暮らしていた男性(44)が歩行中にトラックにぶつかった。このとき63歳の運転手が乗っていたトラックは停車中で、まったく動いていなかった。

いっぽう男性はずいぶん速いスピードで歩いていたらしく、トラックにぶつかった衝撃は半端ではなかったようだ。衝突した瞬間に男性は後方にふっとび、そのまま転倒。道路に頭を打ちつけ、立てなくなってしまったのだ。

男性はその後に病院に搬送されたが手遅れで、医師にも救うことはできなかった。


関連記事:自称「ハリー・ポッター」による悪質ひき逃げ事件 本名はまさかのスネイプと判明

 

■警察の見解

事故発生後、警察は「移動中のトラックが男性をはねたのではないか」と予想し調査を開始した。しかし目撃者全員が「トラックは停車中だった」と話したことから、運転手には落ち度がなかったと考えるに至ったという。

運転手も突然の出来事に驚いたに違いないが、今のところコメントなどは発表していない。

次ページ
■「震えて死んだ」という証言

この記事の画像(1枚)