消防士だった亡き父の同僚たちに見守られ 防火衣をまとい卒業した女子高生が話題

卒業式の直前に、消防士だった父を殺された高校生。会場で旅立ちを見守ったのは、父の仲間たちだった。

2021/06/06 13:00

消防士

大事な娘の卒業式直前に、殺されてしまったある男性。だが多くの仲間が代わって娘の卒業を見届けたことを、『People』など米国のメディアが報じている。



 

■同僚に殺された父親

娘の高校卒業を数日後にひかえていた米国・カリフォルニア州の男性消防士(44)が、職場で撃たれ死亡した。発砲したのは同じく消防士でその日は非番だったが、いきなり消防署に姿を現し男性と激しい口論を開始。それに続き何度か発砲し、そのまま逃走した。

通報を受けた警察は、目撃者から情報を得て容疑者を特定。事情をきくため自宅に急行した。


関連記事:海老名市消防で悪質パワハラ発覚 「部下を殴り蹴った」実態を聞いた

 

■犯人のその後

警官隊が到着すると容疑者の家は炎に包まれており、敷地内のプールには頭を銃で撃ち自殺したとみられる容疑者の遺体があった。

一部メディアの報道によると、容疑者と男性は長いあいだ不仲だったとのこと。この事件では男性を含む2名の職員が撃たれたが、命を奪われたのは男性ひとりだったようだ。

次ページ
■防火衣をまとい卒業
卒業仲間卒業式消防士同僚殺人事件不仲サポート消防署翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング