インドに124歳を名乗る女性 身分証明書の発行がなく立証は困難か

インドでは10年ほど前から生体認証付き個人識別番号制度があるが、彼女はカードをもらっていないという。

2021/06/07 06:30

老婆・老人

インドから、国内外の誰もがびっくりというニュースが飛び込んできた。新型コロナウイルスのワクチン接種がいよいよ始まったなか、ある地区でからやってきた高齢の女性が「124歳」と名乗り、医師や職員らを仰天させたという。

インドの『NDTV』が伝え、イギリスの『Mail Online』や『Metro』ほかが続いている。



 

■年齢欄に「124」と記入

現在、新型コロナウイルスのワクチン接種を行っているインドのジャンムー・カシミール州。20地区の9,000人を超える住民がすでに接種を受けたという。

そんな中で今月2日、家族に付き添われてバラマラ地区からやってきた、レフティー・ベグム(Rehtee Begum)さんという見るからに超高齢の女性が、申請書に「124歳」と記入して保健当局を仰天させた。


関連記事:モト冬樹、ワクチン接種優先順位に持論 「まず医療従事者全員に…」

 

■世界最高齢の記録

同伴した家族の年齢からしても、レフティーさんが100歳を超えていることに不思議はなかった。

だが本当に124歳だとしたら、1997年8月に享年122歳164日で亡くなった、フランスのジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんが打ち立てた、「存命する世界最高齢の女性」というギネスブックの記録を塗り替えることになる。

保健所の職員は家族に対し、彼女の年齢を証明できる法的書類を自宅で探してみるよう促した。

次ページ
■最新の身分証明書の発行なく

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

インド年齢高齢者死亡長寿マイナンバーカード保健所ギネス世界記録新型コロナウイルス翻訳記事ワクチン接種食糧安全保障法レーション・カードアーダール申請書
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング