有吉弘行、昆虫食の新事実に驚愕 セミを食べるのは「本当に気をつけないと」

「セミを不用意に食べるのは危険」と報じられ、その理由に有吉弘行も驚きの声をあげた…。

有吉弘行

6日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、新たに発表された「セミ食の危険性」について有吉弘行が言及。話題の昆虫食に持論を展開し、話題を集めている。



 

◼米FDAが発表

米国では17年あるいは13年に1度、大量のセミ「周期セミ」が発生。この時期にセミ・昆虫食を楽しむ人も多く、セミを使った料理のレシピも多数公開される風物詩となっており、2021年も数十億匹から数兆匹のセミが大量発生すると予測されていた。

その予想通り、メリーランドやペンシルベニアなどの一部の州で、2021年5月中旬ごろから今回の周期セミ「Brood X(ブルードX)」が大量発生。

しかし、このセミ食について米国の食品医薬品局(FDA)が2日にTwitterを更新。「セミはエビやロブスターと近縁関係にあるので、甲殻類・魚介類のアレルギーを持っている人は食べないでください」と注意喚起した。


関連記事:飯豊まりえが発見した説を有吉弘行は疑問視 「いい加減なこと言ってんなよ」

 

◼セミは甲殻類?

FDAの発表によると「甲殻類アレルギーを持つ人は特定の昆虫を食べるとアレルギー反応を起こす可能性がある。セミの体内にはエビやロブスターと同じ種類のタンパク質が含まれているため、これが体内でアレルギー反応を引き起こす」とのこと。

この日のラジオでも同話題に触れ、「セミを不用意に食べると危険」と伝えられた有吉から「マジ?」と驚きの声が漏れた。

次ページ
◼有吉が注意喚起

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

有吉弘行ラジオ昆虫食危険セミ有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMERサンドリ甲殻類アレルギー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング