高須院長、治療で食欲減退も… 計画的な“蓄え”で「まだ余力があります」

がん治療のため入院中の高須院長。食欲が減退するも、入院前の“蓄え”によりふっくらしていることを明かした。

2021/06/08 13:15

高須克弥

高須クリニックの高須克弥院長が8日、自身の公式ツイッターを更新。現在の状況について報告した。



 

■今月1日から入院して治療

かねてより全身がんであることを公表している高須院長。今月1日から入院して挑戦的治療法を受けることを明かしていた

きのう7日には、「仕事してないのに治療で疲れました。寝ます。おやすみなさい」とつづっていた。


関連記事:高須院長、入院中に歯ぎしりで前歯が欠け… 「ボトックス射とうかな」

 

■先を見越して蓄えていた

高須院長は、「がん治療をすると食欲が減退します」としつつ、「治療前に兵糧を大量に摂取して計画的に脂肪を蓄えたのでまだ余力があります」とツイート。

続けて、「整形を繰り返した顔はやつれません。元気なふりをして人生劇場の舞台にもどりたい。なう」と記した。


■「ラクダのコブ方式ですね」

このツイートに、ユーザーからは「私より健康そうなお肌です」「ラクダのコブ方式ですね」「かっちゃんの丸いお顔、素敵ですよ!」とのコメントが。

また、「『元気なふり』ではなく、本当にお元気になられることを切にお祈りいたします」「おいしいご飯を食べられるように、治療がんばってください!」「元気なふりじゃないですよ! 先生はちゃんと元気になります!」などとエールも寄せられている。

・合わせて読みたい→高須院長、がん治療で入院手続き 入院先の病院は「コロナ治療は世界一」

(文/しらべぇ編集部・けろこ

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

高須克弥高須院長脂肪がん治療公式ツイッター食欲減退兵糧蓄え
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング