保護者が生徒になりきり学校に侵入 ずさんな警備を動画で指摘し物議を醸す

ずいぶん簡単に立ち入ることができる学校。それを証明し、警鐘を鳴らした母親がいる。

話題

2021/06/09 09:00

学校・教室・制服・女子生徒・スマホ・スマートフォン
(miya227/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

娘の学校に生徒のふりをして潜入した母親が、学校が終わる間際まで教職員に気づかれなかったことを、『The Daily Star』など海外メディアが報じている。児童・生徒らの安全を確保すべき学校は、警備や防犯についてどう考えているのか。



 

■学校に向かった母親

アメリカ・テキサス州で暮らす女(30)が10代風のファッションで決め、メガネとマスクを装備し、娘のジュリーさん(13)が通う学校に侵入。娘になりすます様子を人気動画サイトで公開するべく、撮影の準備も整えて教室に向かった。

その途中で校長にあいさつしたが、まったく怪しまれることなく通過。また教室に入っても先生はオンライン授業を選択している生徒らに気を取られ、子供のふりをした保護者が紛れ込んでいることにまるで気づかなかった。


関連記事:教師を脅した11歳小学生を許さず 逮捕に踏み切った警察に賛否両論

 

■マスクを外してみたものの…

学校で動画撮影を続けた女は、昼にはマスクを外してランチを満喫。顔もさらしたが「不審者がいる」と気づく人はおらず、その日の最後の授業まで学校にとどまった。

しかし下校の時間が近づくと、ようやくある先生が「おかしい」と察知。ついに保護者だと明かすときがきた。

次ページ
■真相を告白

この記事の画像(1枚)