ゴルフ場木の伐採事故で作業員2人が死亡 JR横浜線の送電線も切断か

JR東日本は取材に対して、「戸塚カントリー倶楽部内のJR送電線設備に何らかの異常が起きた」。

話題

2021/06/09 14:20

高所作業車・ゴンドラ

9日午前9時頃、横浜市旭区の戸塚カントリー倶楽部内で木の伐採中に事故が起きた。この事故で作業員2人が、一時高所作業車のゴンドラ部分に取り残された。しらべぇ取材班は、消防などから話を聞いた。



 

■呼びかけに応じない作業員

横浜市消防局によると、9日午前9時12分に戸塚カントリー倶楽部から「高所作業車が高圧線に接触し負傷者がいる」との119番通報が入った。消防車両15台(うち救急車2台)が出動し救助作業にあたった。

午後0時半現在、木の伐採作業をしていた作業員2人が高所作業車のゴンドラに取り残されたままで、呼びかけに応じない状態だったが、その後死亡が確認された。また、ゴルフ場内にいた別の従業員が、高所作業車が高圧線に接触したとみられる際に、炎と煙が上がっているのを目撃。


関連記事:JR常磐線に車両が侵入・列車と衝突しどちらも炎上 目撃者や消防に状況を聞いた

 

■運転の見込み立たず

戸塚カントリー倶楽部は、しらべぇ編集部に取材に対して「ゴルフ場内を通っているJRの送電線を切断してしまったようだ。詳細は調査中」と述べた。

JR横浜線は送電がストップした影響で、正午頃から八王子駅と東神奈川駅の全線で運転を見合わせていた。JR東日本横浜支社は、取材に対して「戸塚カントリー倶楽部内のJR送電線設備に何らかの異常が起きた。詳細は調査中だが、JR横浜線は午後2時06分に順次運転を再開した」と述べた。


■駅構内に入れない

SNS上では、JR町田駅や成瀬駅などの停電の様子が相次いで投稿されている。「JR横浜線成瀬駅付近の信号機が消えている。成瀬駅構内は全ての電源が落ちて入れない」といった声もみられる。

・合わせて読みたい→JR常磐線に車両が侵入・列車と衝突しどちらも炎上 目撃者や消防に状況を聞いた

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事の画像(1枚)