内村航平、4大会連続の代表内定も… 東京五輪は「今までで一番普通の心境」

体操の内村航平選手がエアウィーヴとスポンサー契約。「運動パフォーマンスが上がる」マットレスににっこり。

「内村航平選手・エアウィーヴ 契約締結調印式」が9日都内で開かれ、プロ体操選手の内村航平が登場。睡眠のこだわりやオリンピックへの思いを語った。


画像をもっと見る

 

■3日前に代表内定

内村航平

ギリギリの戦いを制し、3日前に4大会連続となるオリンピック代表に内定した内村選手。

登壇早々「東京オリンピックの代表に決まって、すごく疲れているので。ここにベッドもありますし、ちょっと休みに来た…わけではないですが」と冗談を飛ばす。

内村航平

オリンピック代表を決めた心境を問われると、「(今までの4大会で)一番頑張って代表権を獲得した大会。一番決まったときの心境が普通で…『代表になったんだ!』とか、『これから更に頑張らなきゃいけないんだ!』って気持ちよりは、冷静に『オリンピックに向けてまた頑張ろうかな』って。4大会目にして、一番普通の心境ですね」と、かなり落ち着いている様子。


関連記事:テリー伊藤、池江璃花子選手は「五輪開催の神風」 中止ムード転換に期待

 

■睡眠は8時間

ベッド

普段からエアウィーヴを使用しているといい、「家でも(エアウィーヴを)使ってるんです」と明かす。

「毎日体を動かしているので、一日の疲れを取らないと持ち越してしまう。しっかり(疲れを)取るように、絶対8時間寝るようにしています」と、睡眠に対するマイルールを持っているそう。


■毎日を大事に…

調印式

なぜエアウィーヴを選んだのか…と聞かれた内村は「エアウィーヴの本社に行ったときに、運動パフォーマンスがあがるという魅力的な論文があって。『これしかないでしょ』って感じで選ばせていただきました」と微笑み、「選手村とかナショナルトレーニングセンターにも入っていると聞いた。環境を変えたくないのが一番大きな理由」と語る。

内村航平

最後は「毎日の睡眠を大事に、1日1日の練習を大事に。東京オリンピックまで残り僅かですので、そこに向けて日々頑張っていきたいと思います」と宣言した。

・合わせて読みたい→池江璃花子選手、東京五輪代表確実に 病を乗り越えた快挙に感動の声

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

この記事の画像(11枚)