ラーメン店での騒動で波紋の小林礼奈 「客同士のトラブル」を強調

「蒙古タンメン中本」の記事が波紋を広げている小林礼奈。ブログで騒動について謝罪し、理解を呼びかけた。

エンタメ

2021/06/10 16:00

小林礼奈

「蒙古タンメン中本」で食事中に起きたトラブルについてつづったブログが波紋を広げているタレントの小林礼奈が10日、Ameba公式ブログを更新。騒動を謝罪し、経緯について改めて説明した。



 

■店内でのトラブル記事が話題

5日のブログで、同店を訪れた際に後に控えていた子連れ客から「遅えよ」「早くしろ」など心無い言葉を言われたと明かした小林。その際、店員からも「すいません、次の方たちが待っているので…」と急かされたように感じ、気まずさから店を後にしたことをつづっていた。

小林から名指しされた同店は9日、公式サイト上で「中本はこんな対応をするのか?」「親子で食べている途中なのに出ていけと言うのか?」などのクレームが寄せられていることを明かし、小林が同店を訪れた際の状況を説明。

最後には「不特定多数の方から言われている『早くしろ』『遅えよ』『出ていけ』『睨みつけられた』『追い出された』というような言動は中本のスタッフとして一切ございません」と、白根誠社長が公式サイト上でコメントを発表している。


関連記事:小林礼奈、激辛ラーメンで“リベンジ” 外食中に急かされ退店で話題に

 

■「客同士のトラブル」を強調

小林のブログをみると、「遅えよ」「早くしろ」といった暴言は、文脈から子連れ客からの言葉であると読み取れるが、これがネットニュースになったことで拡散された経緯もあり、どこかで誤解が生じてしまった可能性もありそうだ。

小林は10日にブログで「騒動についての経緯」と題してブログを更新し、「私たちが、トラブルにあったのは心ない言葉を受けたのはお店や店員さんでは決して無く、お客さんです 客同士のトラブルです」と強調している。

次ページ
■「声がけ」の問題も勘違いか