ハーゲンダッツ、とにかく癒やされる「クリスピーサンド」新作が登場

6月15日(火)から、ハーゲンダッツクリスピーサンド「香り広がるミルクコーヒー」が期間限定で発売。

グルメ

2021/06/10 18:35

ハーゲンダッツクリスピーサンド

6月15日(火)より、ハーゲンダッツの期間限定新商品「ハーゲンダッツクリスピーサンド『香り広がるミルクコーヒー』」(希望小売価格:319円)が発売される。

しらべぇ編集部がひと足早く試食させてもらったところ、コーヒーの芳醇な香りが、リラックスしたいときにピッタリな一品だと感じた。


画像をもっと見る

 

■香り広がるミルクコーヒー

ハーゲンダッツクリスピーサンド

15日から全国で発売される、ハーゲンダッツクリスピーサンド「香り広がるミルクコーヒー」は、ミルクたっぷりの優しいミルクコーヒーの味わいを、クリスピーサンドで表現した期間限定商品。

コーヒーの香りと優しい甘さが楽しめるミルクコーヒーアイスクリームが、パリパリとしたコーヒーチョコレートコーティングで包まれ、香ばしい味わいのコーヒーウエハースでサンドされている。


関連記事:ハーゲンダッツ、“濃香”すぎる「ロイヤルミルクティー」ミニカップが登場

 

■リラックスタイムにぴったり…

ハーゲンダッツクリスピーサンド

ひと口食べてみると…コーヒーの上品な香りがふわっと広がる…。ハーゲンダッツらしい濃厚なアイスクリームの甘さも絶妙で、ほっと一息つきたいときに、すごく癒やされる。

同社開発担当者によると、ミルクコーヒーアイスクリームの部分は、「ミルクアイスクリームに、華やかな香りが特長のエチオピア・イルガチェフェ地区のコーヒーから作ったオイルを加えました」とのことで、コーヒーチョコレートコーティング部分にも、同じオイルが使用されているという。

また、同商品のウエハースは「コーヒーオイルとコーヒーパウダーを混ぜ込んだコーヒーウエハースを新たに開発」されたそう。ひと口食べた瞬間に広がるコーヒーの香りは、こうした細部のこだわりによって実現されているのか…。


■2001年の発売から今年で20周年

2001年から発売された「ハーゲンダッツクリスピーサンド」は、今年で発売20周年。メキシコ料理のタコスをヒントに開発され、第一弾として販売されたフレーバーは「キャラメル」だった。

その後、日本での販売好調を受けて2004年から海外でも展開されるようになり、同社によると、20年間で発売されたクリスピーサンドの数は約5億個。じつに地球1.25周分にもなるのだとか。

20周年の節目となる2021年、自分へのご褒美はいつもより多めにあげてみても良いかも。

・合わせて読みたい→ハーゲンダッツ 「どこから食べても抹茶」なバーが3月9日から発売

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

この記事の画像(3枚)