次世代ハンディファンの「新機能」に驚き 冷えすぎて結露までできる

夏に活躍するハンディファン。風を送る以外の機能を備えた便利なタイプもあるようだ。

2021/06/11 06:00

気温が高まるにつれ、活躍する機会が増えるハンディファン。風を受け涼むことができるグッズだが、さらに冷涼感を高める「斬新な機能」が追加されたハンディファンがあることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■見た目はいたって普通

その商品というのが『ピタファンCity』(販売価格3,980円)だ。

カラーはホワイトでバッグの中にも収まるサイズ感。ビジュアルは一般的なハンディファンとそこまで変わらず、持ち手にボタンがあり、押すとファンが駆動するという仕組みも同様だ。

風量は3段階で切り替え可能で、「弱」だとそよ風のような優しい風量、「強」だと屋外でも十分に涼しいであろう風量を確保できる。


関連記事:「日産リーフの充電口が凍結で開かない」と話題 原因と対策を本社に聞いた

 

■プレート部分が冷える

では、どの部分に新機能があるのかというと、それはファンのカバーにある円形の金属プレート(矢印の部分)。

じつはこのプレートはただの金属ではなく「冷却プレート」となっており、氷マークのボタンを押すことで冷却機能を使用することができる。小型冷蔵庫で使われるペルチェ冷却装置により、冷却プレートは外気温から約-17℃まで冷えるという。

ピタファン

パッケージにもあるように、プレート部分を腕や首、おでこなどにくっつけて体温を直接下げるわけだが、もちろんファン機能と同時に使用も可能だ。

次ページ
■冷えすぎて結露が…
便利グッズ暑さ対策扇風機熱中症対策ハンディファンサンコー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング