岡崎体育が「ネタキャラ」のイメージ覆す 新曲制作の生配信がガチすぎる

アーティストの岡崎体育が24時間で新曲を作る生配信に挑戦中。真剣な姿に視聴者も感動しているようだ。

エンタメ

2021/06/11 15:45

岡崎体育

岡崎体育」その名前を聞いてどのようなイメージを抱くだろうか。

ふっくらとしたかわいらしいビジュアル、遊び心満載の楽曲、ラフな性格などから「ネタキャラ」といった印象の強い彼だが、現在公式YouTubeチャンネルにて、そのイメージを覆すような生配信を行なっているという。



 

■岡崎体育といえば…

寿司くんこと、ヤバイTシャツ屋さん・こやまたくやが監督を務め、「MVあるあるネタ」をこれでもかと散りばめたMV「MUSIC VIDEO」で一役話題になった岡崎。

その後も、本格的なロックサウンドに適当な歌詞をのせた「感情のピクセル」、日本語をあえて崩して外国語風に歌い上げた「Natural Lips」など、独自のフックがある楽曲を続々リリース。

もちろん、「エクレア」「式」「龍」といった深く心に染みるような名曲も多いのだが、それ以上に「面白いアーティスト」といったイメージが先行している印象だ。


関連記事:矢沢永吉が若きアーティストを前に語る ロックとお金と人生

 

■楽曲制作の様子を生配信

そんな岡崎がこの度、「新曲作成合宿」と題した24時間YouTube生配信企画を実施。10日の18時から開始され、11日の18時まで、つまり今もなお生配信中ということとなる。

「岡崎のことだから、ネタっぽい配信なんでしょう」と思うなかれ。基本は楽曲制作ソフトの画面と彼が愚直に制作にあたる様子が、ただただ配信されている。

彼の真剣な姿を受け、「思っていたより正統派なミュージシャンですね」「プロミュージシャンカッコ良いです!」「(楽曲が)できてく過程めちゃくちゃ楽しい」と視聴者のコメントもいつになく真面目だ。


■終了までに完成なるか?

なお、企画開始前のツイートでは「多分絶対1曲完成させます! おそらく確実に1曲は作りますので! 観に来てください!」と意気込んでいた。

15時時点では、楽曲の大枠は完成しているようで、残り4時間でどこまで詰めることができるか気になるばかり。新曲完成を信じラストまで見届けよう。


・合わせて読みたい→南沙良、Vaundy『融解sink』MVに出演 「大興奮と緊張でフリーズしました」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

この記事の画像(1枚)