道中発見した警告文、その内容に衝撃 「大いに危険」の先で待ち受けていたのは…

京都のとある寺院で見かけた看板。「立ち入り禁止」とは若干異なる、なんとも警告文が記されており…。

話題

2021/06/11 05:45

人間とは不思議なもので「しろ」と命令されればやる気がなくなるし、「するな」と指示されれば逆に首を突っ込みたくなってしまうもの。ただ今ツイッター上では、なんとも風変わりな「注意書き」が話題となっていることをご存知だろうか。


画像をもっと見る

 

■看板に書かれていたのは…

注目を集めているのは、写真作品の展示活動を営むキョンさんが、8日に投稿したツイート。投稿には一枚の写真が添えられ、写真には枝から吊り下がった看板が確認できる。

看板には大きな文字で「この先行かれるのはご自由ですが大いに危険」とだけ記されており、この様子を受けてキョンさんも思わず「めっちゃ怖い道あった」と心境をつづっていた。


関連記事:平成生まれには「意味不明」な看板に衝撃 昭和の香り漂う注意書きが話題に

 

■下手な「立入禁止」より効果抜群?

看板が錆びついていたり「大いに危険」の箇所だけやけに強調されていたりと、怖さを増幅させる要素の多い注意書きだが、やはり最も気になるのは「何が危険なのか?」という点に尽きるだろう。

同ツイートは投稿から2日足らずで1万件以上ものRTを記録し、他のユーザーからは「理由が書いてないのが怖い…」「この先に何があるというのか」などのリプライが寄せられており、「下手な立入禁止より効果ありそう」といった声も少なからず見られた。

看板
(画像提供:キョンさん)

そこで今回は気になる注意書きの「向こう側」へ挑んだキョンさんおよび、看板が設置されている施設に取材を敢行。すると注意書きのプレッシャーとは裏腹に、なんとも微笑ましい舞台裏が明らかになったのだ。

次ページ
■看板の先にあったものに再度衝撃

この記事の画像(4枚)