激痛訴える女性患者に「体重が落ちて良かった」 失言医師が進行がん見落とす

「食べることができず体重が落ちました」。それを聞いた医師が、失礼な発言で患者を悲しませた。

話題

2021/06/12 06:15

医師・患者・診察
(Image Source/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

医師の意地悪な発言に傷ついたうえに、必要な検査さえ受けることができなかった女性。その不愉快な経験や判明した重病について、『People』など海外のメディアが伝えている。



 

■体調悪化で病院へ

アメリカ・カリフォルニア州で暮らす20代後半の女性が、腹痛に耐えられなくなり病院に行った。

そこで痛みがひどいこと、また16キロ近く体重が落ちたことを医師に伝えたが、それでも肥満体型の女性を見た医師は「(体重が落ちたのは)そんなに悪いことではないですね」と言い放ったという。

同医師は、痩せてもなおぽっちゃりしている女性を見て「栄養不足には見えません」と発言。デリカシーがない言葉の数々で乙女心をズタズタにした上に、検査もしなかった。


関連記事:コロナ禍で検査が遅れステージ3に… 米女性キャスターが結腸がんとの闘いで涙

 

■ショックを受け号泣

「ようやく治療が受けられる」と考え病院に行ったにもかかわらず、恥だけをかいた女性。その日の出来事はあまりにもつらかったらしく、女性は車内で号泣しながら医師の対応を批判する動画を撮影し、TikTokで公開した。

動画を見た多くのユーザーが女性を心配し、「別の医師に診察してもらったほうがいい」と女性にアドバイスしたという。

次ページ
■いきなりのがん宣告

この記事の画像(1枚)