手ブラポスターで「無料の豊胸手術を」 メキシコの女性立候補者が独創的な選挙公約

彼女の政治家デビューは、吉と出るか凶と出るか…。当選を心待ちにするファンも多いようだ。

話題

2021/06/12 15:05

豊胸・バスト
(5432action/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

このほどメキシコの下院議員選挙に出馬することになった、30代の女性立候補者。彼女は常識をはるかに超えた公約と、セクシーさで大きな旋風を巻き起こしているという。アメリカの『NEW YORK POST』などが報じ、話題を呼んでいる。



 

 

■裸に手ブラの選挙ポスター

メキシコの下院議員選挙に立候補を決め、大きな注目を集めているのは、33歳のロシオ・ピノさんという女性。インパクト大の写真で強烈アピールを続け、世間をひたすら仰天させている。

なんと公約は「すべての女性に無料の豊胸手術を保証すること」。さらに、選挙ポスターは「裸に手ブラ」だ。


関連記事:インフルエンサー美女が豊尻術後に死亡か? 葬儀の生配信でファン衝撃

 

■目を引く巨乳

ロシオさんは、ユーザー数5,000万人を誇るアダルト系SNSの『OnlyFans』でセクシーモデルとして活躍しており、自身にも6万人以上のフォロワーがいる。ムチっとした体と、巨乳がとにかく目を引き、男性有権者の間で人気を博しているようだ。

主にアダルト業界で稼いできたセクシーなロシオさんだが、2017年に起きたチアパス地震の際にはボランティアとして救援活動に参加。そんな中で、次第に政治に興味を持つようになったという。

次ページ
■少女や女性を守るため

この記事の画像(1枚)