立民・枝野幸男代表、総選挙に向け鼻息荒く 「時代が私に追いついてきた」

立憲民主党の枝野幸男代表が記者会見。売れ行き好調な新著『枝野ビジョン』について語った。

政治

2021/06/12 01:10

枝野幸男

立憲民主党の枝野幸男代表が11日、日本外国特派員協会で記者会見を行い、海外プレス記者と闊達な議論を交わした。枝野氏といえば、最近、活動を活発化しており、発言・行動が物議を醸している。


画像をもっと見る

 

■枝野政権を要求

枝野氏は4月2日の会見で「日本ではあまり例はありませんが、他の議院内閣制の国によっては、こうした危機のときに政府が機能しなければ少数与党による危機管理・選挙管理内閣をつくって目の前の危機を乗り越えて選挙を行うということは各国の例ではいろいろあります」と主張。

少数与党で危機管理と選挙管理を行う「枝野政権」の樹立をブチ上げたのだ。その時は、Twitterのトレンド入りし、「エイプリルフール?」との突っ込みもなされた。


関連記事:旧・N国党の立花孝志党首がコロナ感染 5日の演説会には20人以上の弁士も同席

 

■『枝野ビジョン』を発刊

5月19日には文藝春秋社から出された新書『枝野ビジョン 支え合う日本』発刊にあわせて、記者会見を行った。同書は2014年初めから書き始めたもの。

3分の2程度はその当時できあがっていたが、仕上げる前の段階で旧民主党の幹事長に就任するなどさまざまな政治状況があり、考えを深めながら現在に至ったと説明した。

発刊した直後は、三省堂書店本店で新書部門で週間一位を記録し、初版1万1,000部だったのが、即2刷りとなり、9,000部が増刷された。

次ページ
■構造改革と格差

この記事の画像(3枚)