小柳ルミ子、「年間2000試合観戦」のサッカーどハマリ生活告白 睡眠時間40分

歌手で女優の小柳ルミ子が14日、東京・六本木で開催されたイベントに出演。マニアックすぎるサッカー愛を披露し、記者陣を圧倒した。


 

■留まらぬメッシ愛

リオネル・メッシ

さらに「いまは年間2,000試合、仕事がある時でも1日5試合、仕事がない時は10試合は見ている。今朝も7時30分くらいから生放送を見てきたので、一睡もしていません。ちなみに(スペインのプロサッカーリーグ)リーガエスパニョーラは生で全部見ています。放送は夜中の3時くらいなので、38試合をゆったり全部ライブで見ているんです」と、常人離れしたガチオタ生活を告白。

「40分くらい寝ればスッキリなんですよ。ライブで見れなくて寝たほうが後悔する。録画は邪道。サッカーファン失格です…! ちなみに同時に試合がある場合は、タブレットやPC、スマホなどテレビ局のスポーツ局のような状態です。万年日本にいて時差ボケです(笑)。興奮して寝れない!」と続けた。


関連記事:小柳ルミ子、朝から自己嫌悪に陥る 「半分だけ食べてみよう」のはずが…

 

■「私が若ければ…」

小柳ルミ子

小柳がメッシを崇める理由は、「その人間性」だという。

「魅力的な部分を語ると一時間くらいかかっちゃう。人格者で、仲間を大事にし、頭が良くて性格も良い。しかも家族思いで。たしか初恋の人と結婚したんですよ。小学校の頃に恋焦がれていた女の子と。そんなピュアなところも魅力的なんですよ」とニッコニコで語る。

ハードロックカフェはこの日、創業50周年を迎えたが小柳も今年歌手デビュー50周年という節目。「私がもっと若ければ、国境を越えて会いに行くかもしれませんね。もちろん恋愛感情はないんです。神として尊敬しているので、お話がしたい。もし対談が出来たらもう死んでもいい、そんな気持ちです」と話を締めた。

・合わせて読みたい→小柳ルミ子、7年ぶりのシングル発売に感慨 「桑田佳祐さんは命の恩人」

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

この記事の画像(7枚)