「やっちまえよ、楽になれるぜ」 自殺サイトで促された10代少年が服毒自殺

落ち込む日が続き、自殺を望むようになった少年。その背を押したのは、自殺サイト会員とのやりとりだった。

社会

2021/06/15 06:15

少年・うつ・鬱
(ThitareeSarmkasat/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気持ちが不安定になっていた少年が、自殺サイトにハマってしまった。そこで「死んでしまえばいいんじゃない?」という言葉をかけられ、その後に亡くなっていたことを、イギリスのメディア『The Sun』が報じた。



 

■うつ状態だった少年

イタリアで暮らしていたマッテオ・チェッコーニくん(18)は、うつ状態が続き生きることに疑問を感じるようになっていた。ついには真剣に死を望むようになり、インターネットを利用しては自殺に使える物と致死量、確実に死ねる方法などを調べていたようだ。

そんなマッテオくんが見つけたのはいわゆる「自殺サイト」で、そこで出会った他人とのやりとりが、自殺願望に拍車をかけた。


関連記事:14歳少女が電車に飛び込み自殺 残された日記に「どうか動揺しないで」

 

■自殺サイトで促され…

自殺に用いる薬品まで入手したマッテオくんが加入したのは、約1万7,000人もがメンバー登録している自殺サイトだった。

それからというもの、マッテオくんは会員たちとサイト上でやりとりを続け、4月後半には「やっちゃえよ、そうすれば安らぎを見いだせるんだぜ」「ビビるなよ、大丈夫だって」などと自殺を促された。

次ページ
■取り返しのつかない行為

この記事の画像(1枚)