ミキ昴生、“失言”だと注意受け… 生放送終了まで立たされ続ける珍事

生放送中に、ミキ・昴生が後ろ向きで立たされ続ける事態に。いったい何があったのかというと…?

テレビ

2021/06/15 12:25

ミキ

15日放送の『ラヴィット!』(TBS系)に、お笑いコンビ「ミキ」の2人が出演。兄の昴生がスタジオで立たされ続ける珍事が反響を呼んでいる。



 

■田村アナをイジりすぎて…

話題となっているのは、「曜日対抗生クッキングバトル」での出来事。日向坂46の高本彩花が手料理を披露し、その審査員として料理研究家やお米マイスターらとともに、同局の田村真子アナが参加した。

専門家たちに混じって田村アナが審査員を務めることに、昴生は「他に料理人の方呼べなかったんですか?」「なんで…でしゃばってあんなとこに」とイジっていく。

番組司会の麒麟・川島明は「特別な人じゃない人が認めたら、テレビの前の人も『私も作ってみようかな』って…」と事情を説明しつつ、昴生に「ちょっと立っといて下さい、昴生さん。失言は良くない」「『でしゃばって』って良くないでしょ」と厳しく指導した。


関連記事:ミキ・昴生、SixTONESに先輩風を吹かせるも衝撃事実判明 「お前らしょーもないの」

 

■最後まで立たされ続ける事態に

その後、高本の料理を審査した田村アナは、昴生の発言についてコメントを求められると、「なんか…昴生さんが怖かったです…」と昴生をイジり返した。

田村アナの「怖かった」という声を受けて、川島は昴生に「ちょっとごめんなさい、後ろ向いといて下さい。傷ついたということで、ちょっと怖いみたいなんで…」と昴生にカメラに背を向けて立つよう指示。

昴生は「いやいや、『怖かった』って言ったらガチの感じになるやんか!」と田村アナの意地悪な発言にツッコミを入れつつ、最後まで律儀に後ろ向きで立ち続けた。


■信頼関係が分かるやり取りに反響

このまさかの出来事に、インターネット上でも「テレビつけたら昴生さんが後ろ向きで立たされてた」「昴生さん、マジでエンディングまでこのまま」「でも一番ウケてるし一番ワイプに抜かれてる」と、視聴者から愛のあるツッコミが相次いでいる。

後ろ向きで立たされている間も、ワイプに抜かれ終始笑いを誘っていた昴生。田村アナと川島、昴生、番組スタッフの信頼関係があってこそ成立した“罰ゲーム”と言えそうだ。

・合わせて読みたい→ミキ・昴生、誕生日にドッキリ仕掛けられブチギレ 「嫁とメシの約束してる」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい