全農が紹介する枝豆をぐっと濃ゆく食べられる方法が話題 一番おいしい季節についても聞いた

ツイッター中の人は、しらべぇ編集部の取材に対して「ゆでるより、濃厚な味わいを楽しめた」と述べた。

2021/06/15 16:05

枝豆

完熟する前の大豆、つもり枝豆を食べる習慣は、日本以外ではほとんどないという。そのため、中国や台湾、タイでは主に日本への輸出用に枝豆を栽培している。また、枝豆にはエネルギー、脂質、良質なタンパク質が豊富に含まれいる。

これからの季節、ビールにもピッタリあう枝豆のおいしい食べ方が話題を呼んでいる。



 

■全農ツイッターが紹介

数々のお役立ち情報を発信中で、よくバズる全農広報部アカウント。今回は「枝豆好き各位、枝豆はゆでるのもよいですが、蒸し焼きも試してみませんか。ぐっと濃ゆい枝豆感を味わえます」と投稿。


また、「フライパンにコップ1杯程度の水を入れ、隙間を開けてふたをして5分ほど加熱。蒸し上がってから塩をまぶし食べたら、ええ、もう、はい。何も言うことはありません。空のグラスとお皿がその答えです」と写真付きでツイートした。

ツイッター中の人は、しらべぇ編集部の取材に対して「ゆでるより、濃厚な味わいを楽しめた」と述べた。


関連記事:まねきケチャ・宮内凛 初の写真集は「ナチュラルな自分を出すことができた」

 

■トップを競い合う秋田県

この現象について、秋田県園芸振興課は「ゆでるとうまみ成分が水に少し落ちてしまう。おいしく感じられるのはその影響ではないか」と話す。秋田県は、枝豆の出荷量日本一を競い合っている最中で、3年前は群馬県が一位で、秋田県が二位となり、一昨年は秋田県が逆転した。

昨年度は群馬県が1,766トンで第一位、秋田県は1,423トンで第二位だった。担当者は「それぞれの地域の収穫前の天候が影響し、このような順位になっている」と語った。

次ページ
■最もおいしく感じるのは秋

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

ビール枝豆群馬県秋田県全農全農広報部あきたほのか
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング