DeNA、田中健二朗投手の支配下登録を発表 チーム唯一のある部分に注目集まる

支配下に返り咲いたDeNAの田中健二朗投手。代名詞のカーブで多くの打者を翻弄してほしい…。

2021/06/15 18:15

横浜DeNAベイスターズ・田中健二朗投手

15日、横浜DeNAベイスターズは15日、育成選手の田中健二朗投手と支配下登録を結ぶと発表した。背番号は「046」から「46」となる。



 

■リリーフとして活躍

田中投手は2007年の高校生ドラフト1巡目で指名。16、17年はリリーフとしてシーズン60試合以上に登板し、チームのクライマックスシリーズ進出に大きく貢献。

しかし19年に左肘のトミー・ジョン手術を受け、それからはリハビリに専念。今シーズンからファームのマウンドに上がり、21試合を投げて防御率は3.48とまずまずの成績を残している。


関連記事:DeNA・平良投手、ファーム復帰登板で好投 ネットでは豪華すぎる投げ合いが話題

 

■代名詞のカーブをみせてほしい

チーム防御率が4.71とピリッとしないDeNA。国吉佑樹投手が千葉ロッテマリーンズにトレード移籍となり、手薄になったリリーフ陣の穴を埋める活躍が期待される。

1軍の舞台で田中投手の代名詞ともいえる、曲がりの大きなカーブで多くの打者を翻弄するところをみせてほしい。


■ファンは歓喜

田中投手の支配下登録のニュースにファンは、「健二郎おかえり」「復帰登板から3ヶ月、この日を待ちわびていました」「ベイスターズにはあなたの力が必要です」「待ってたぜ」など歓喜の声が多くみられた。

その他には、「頼むぜ唯一のTBS戦士」というコメントも…。TBS戦士とは、DeNAの前身でもある横浜ベイスターズ(親会社がTBS)時代にドラフト指名され、そのユニフォームに袖を通した選手のことを指すのだが、田中投手もそれにあたる。

現役では、ロサンゼルス・ドジャースの筒香嘉智選手やロッテの国吉投手などがいるが、DeNAでは田中投手のみ。チーム唯一のTBS戦士として大活躍をしてほしいところだ。

・合わせて読みたい→大減俸から復活に賭けるDeNA・三上朋也投手 変化球の意味確かめながらブルペンで快投

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

「楽天スーパーSALE」約200万点が半額以下&ポイント最大43倍 ふるさと納税でお得に

プロ野球TBS横浜DeNAベイスターズセリーグ田中健二朗国吉佑樹支配下登録
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング